聴神経の良性腫瘍です|肥満症も自律神経失調症も完全治癒できる|名医に相談

肥満症も自律神経失調症も完全治癒できる|名医に相談

聴神経の良性腫瘍です

ナース

難聴やめまいが生じます

聴覚は外耳、中耳を通って内耳と繋がる聴神経を伝わって脳へ音を知らせます。聴神経は蝸牛と前庭神経から構成されています。蝸牛は伝えられた音を脳へ伝える働きがあり、前庭神経は三半規管や耳石で受けた平衡感覚の情報を脳へ伝達します。聴神経腫瘍は、聴神経の中でも前庭神経にできる腫瘍で、ほとんどの場合が良性のものです。大きさが小さいと症状が現れませんが、できた場所や大きさによっては脳への影響も出てくるため、脳腫瘍になる場合もあります。主な症状に、耳鳴りや難聴などの聴力に関する不具合と、めまいなどの平衡感覚に関するトラブルが生じます。これらの症状が聴神経腫瘍による場合には、早期に治療を開始することが大切です。

放射線や摘出を行います

聴神経腫瘍ができると、聴神経や内耳以外にも三半規管や顔面神経にも悪い影響が出る事があります。顔面の知覚をコントロールしている三叉神経が腫瘍によって圧迫されると、顔面にしびれや痙攣が起こります。聴神経腫瘍が疑われる場合には、MRIなどの画像検査により内耳が拡大していないか、腫瘍の位置や大きさを確認します。画像の結果、腫瘍が小さいうちに摘出することが大切です。聴神経の周辺にはさまざまな器官が密集しているため摘出には後遺症が出る場合もあり、慎重な判断が大切です。腫瘍が小さい場合には、摘出の代わりに放射線治療を行うこともできます。高齢者の場合、腫瘍の大きさが緩やかに変化している場合には経過観察を行います。